⑤「都市・建築デザインコース」および「都市・建築学コース」の30名

 コース代表教員からのメッセージ

岩田司教授(都市再生計画技術分野)
(兵庫県立神戸高等学校卒業)

すべての人々がそれぞれの地域の生活や文化に根ざし、安心して安全に、そして幸せに暮らし続けることができる都市や建築を創造するための技術を学んでみませんか?
『よりよい都市・建築』を創造していくためには、その基礎となる様々な分野における知識の蓄積が不可欠です。そのために、高度なデザイン力を身につける「都市・建築デザイン学」、人間活動と空間特性との関連において合理的な空間の実現を目指す「都市・建築計画学」、全ての基礎となる歴史的形成過程を学ぶ「建築史学」、建築の安全性・生産性を追究する「建築構造学・建築材料学」、最小の環境負荷で健康で快適な空間を実現する熱・空気・光・音などの環境を研究する「都市・建築環境工学」などの分野があり、多彩かつ高度な知識とその応用力を身につけることができます。
いずれの分野でも世界でトップレベルの研究成果を生み出しており、最先端の研究にふれることで我々とともに是非あなたの創造力を磨いてください。

研究室紹介

都市デザイン学研究室 研究室HP

石田壽一教授、〔大講座制〕原田助教、土岐助教、井上助教、藤山助教
縮小・成熟」というパラダイムに対して,我々は「都市や地 域といった自身の環境,さらにはその構築の基礎となる様々な原理の枠組みがどのように変わっていくのか?」を探り,来たるべき時代に備える必要がある。本 分野では,次世代社会の都市や地域,建築のデザインを研究し,自然条件・インフラストラクチャー・人工環境の各層に関わる統合的な生活環境の提案を行うことを目指している。


建築デザイン学研究室 研究室HP

五十嵐太郎教授、〔大講座制〕原田助教、土岐助教、井上助教、藤山助教
建築デザイン学
建築デザイン学研究室建築とアート、あるいは他ジャンルとの関係を研究し、設計につなげること、国内外の建築展の企画、設営、運営、また東日本大震災の被災地におけるプロジェクトの提案などを行っている。2011年以降、南相馬の仮設住宅地において集会所の基本設計を担当し、そこでアーティストを巻き込みながら住民とワークショップを開催。2008年のヴェネチアビエンナーレ国際建築展や横浜トリエンナーレ、あいちトリエンナーレ2013における展示設営。


都市・建築理論研究室 研究室HP

五十嵐太郎教授、〔大講座制〕原田助教、土岐助教、井上助教、藤山助教
都市・建築理論研究室
都市・建築理論研究室 窓学、家型の調査、広場研究など、企業の委託によるデザインのリサーチとフィールドワーク、現代の建築論・都市論に関する調査研究、また自主メディアとして建築の書籍などの編集・制作を行っている。研究室のプロジェクトとして、2014年に『窓と建築の格言学』、2013年に『窓へ』、『日本の現代建築』、『おかしな建築の歴史』などの書籍を刊行。


ITコミュニケーションデザイン学研究室 研究室HP

本江正茂准教授、〔大講座制〕原田助教、土岐助教、井上助教、藤山助教

ITコミュニケーションデザイン学
ITコミュニケーションデザイン学研究室都市と建築の新しい使い方をデザインし,人々が持てる力を存分に発揮しあえる環境をつくりだすために,現代における様々なコミュニケーションデザインにつ いての事例やそれを支える技術についての洞察を深めながら,情報技術が浸透していく社会において建築や都市の空間がどのように影響を受け,変化し,その可 能性を拡げうるのかについての研究を行います。


プロジェクトデザイン学研究室 研究室HP

石田壽一教授、〔大講座制〕原田助教、土岐助教、井上助教、藤山助教
現代の 都市・建築のデザインは,気候変動・省エネ・縮小社会など,環境と経済に関わる複雑な諸条件に対応したデザインが求められる。プロジェクトデザインでは単 なるハードウェアを超えた生活空間の持続的成立条件を考えるプロジェクトを軸に低炭素型社会に向けた新技術やエネルギー・インフラとの関係からあらたな空 間の組織とデザインを考える視野を持った人材の育成を目指している。


空間文化史学研究室 研究室HP

野村俊一准教授

空間文化史学研究室私たちをとりまく都市・建築は、どのようにつくられ、使われ、意味を帯びてきたのでしょうか。本研究室では、古代から現代以前における日本・東洋建築史と、これら建築を保存・再生するための文化財学を研究しています。そのさい、建造物の意匠や技法、空間、構造、さらにはそれらをつくりだした理念や社会背景など、様々な視点から多角的に、かつ東アジアとの文化的な対外交渉関係をふまえながら検討しています。


建築世界遺産学研究室 研究室HP

飛ヶ谷潤一郎准教授
建築世界遺産学
建築世界遺産学研究室イタリア・ルネサンスを中心とした西洋建築史、その他建築史全般、建築保存など。以下、飛ヶ谷准教授の主要著書・訳書。
『盛期ルネサンスの古代建築の解釈』中央公論美術出版、2007年。
「セルリオの建築書『第五書』のドームについて」『建築史攷』鈴木博之先生献呈論 文集刊行会編、中央公論美術出版、2009年、75-88。
W. ロッツ『イタリア・ルネサンス建築研究』飛ヶ谷潤一郎訳、中央公論美術出版、2008年


都市マネジメント学研究室 研究室HP

姥浦道生准教授(兼)
都市マネジメント学
都市マネジメント学研究室持続可能な都市・地域空間を形成するために必要な都市計画、特に土地利用計画に関する計画理論の構築、計画策定技術の開発、その実現のための制度設計やマネジメント手法の構築等に関する研究を行っています。


計画制度学研究室 研究室HP

姥浦道生准教授
計画制度学
計画制度学研究室当研究室では、持続可能な都市・地域空間を形成するために必要な都市計画、特に土地利用計画に関する計画理論の構築、計画策定技術の開発、その実現のための制度設計やマネジメント手法の構築等に関する研究を行っています。
・都市郊外部における土地利用マネジメント手法の構築に関する研究
・震災復興土地利用計画の策定支援及び研究
・ドイツの都市計画に関する比較研究


福祉建築学研究室 研究室HP

小野田泰明教授(兼)、佃悠助教(兼)
福祉建築学
福祉建築学研究室住、教育、文化、医療、福祉等の公共福祉建築について、人々の行為/生活と建築/地域空間との相互作用に関する研究/実践を展開して、計画の基盤となる理論構築を目指している。
・小野田泰明、北野央、菅野實、坂口大洋、2009、コミュニティ指向の集合住宅の住み替えによる生活変容とプライバシー意識、日本建築学会計画系論文集、74(642)、 1699-1705


建築空間学研究室 研究室HP

小野田泰明教授、佃悠助教
建築空間学
建築空間学研究室人間と空間の基本的関係を解明するために、さまざまな調査や思考実験等を展開する。さらにはそれらを通じ、現代社会が時代に対応する上で必要とする建築型の開発や検証を行っていく。実践と理論の連結を目指す学際的学問領域である。近年では復興支援も重要な活動の一つとなっている。
・アイマークレコーダーを用いた空間認知に関する研究
・建築発注に関する国際比較研究
・苓北町民ホール(日本建築学会作品賞:共同受賞)


都市再生計画技術分野 研究室HP

岩田司教授

東西南北に長い国土を持つ我が国は、地域毎に多彩な気候特性を持つ。また住まい・まちづくりにおいては古来、豊富な森林資源を活用した、それぞれの気候風土に根ざした木造による地域の建築文化が創造され、美しく秩序ある日本の暮らしの空間が形成されてきた。都市再生計画技術分野では、これら地域の建築文化に根ざした住まい・まちづくりを基本とし、「ハード・ソフト」「短期・長期」「物的・人的」「開発・保全」といった多角的な観点から、社会の変革や繰り返す災害を超えて、未来へと持続可能な強い地域を形成するための、地域の資源(人、物)を活用した暮らしの復興、不断の住まい・まちづくりやそのための地域の運営に関する手法、技術の研究・開発を実践的に行っている。


国際防災戦略研究分野 研究室HP

村尾修教授
国際防災戦略

都市の防災と復興に関する国際的な戦略策定を目指し、学際的な視点に立ち、防災および復興戦略の観点から各国(地域)の特性を分析し、事前(リスク管理・防災戦略)、事後(復興・再生戦略)の両面から現状の問題点と課題を明らかにする。また、これを踏まえて、各国(地域)の自然・経済・社会状況の特性に適合したリスク管理・防災・復興戦略および国際的協力体制のあり方について研究する。


居住環境設計学研究室 研究室HP

後藤伴延准教授
居住環境設計学
後藤研photo室内の物理環境が人間の生理・心理・行動に及ぼす影響の解明と室内環境調整への応用,自然エネルギー利用技術の高度化と設計支援ツールの開発に関する研究を行っています。
・物理環境と知的生産性の因果関係の解明
・熱的健康被害防止のための数値人体モデルの開発
・室内空気汚染の健康影響と防除
・自然換気やPCM(潜熱蓄熱材)の高度利用


サステナブル環境構成学研究室 研究室HP

小林光准教授
サステナブル環境構成学
建築空間の熱・空気・光環境や消費エネルギーを調べ、健康・快適で省エネな建築を実現する技術の構築を目指します。これからのスマートな建築のために、環境技術と建築デザインの融合に取組みます。また、原発被災地の屋内放射線環境と建築計画による防護について研究しています。
・建築のZEB(ゼロエネビル)化に資する低炭素、省エネ化技術の開発を進めます
・温熱:透明空間の代表として温室の温熱環境について考えています
・空気:デシカント空調を中心に高効率な空調技術を開発しています
・採光:固定型の自然採光技術とその評価手法の開発に取り組んでいます


地域環境計画学研究室 研究室HP

持田灯教授
地域環境計画学研究室
 地域環境計画学研photo2数値流体力学をベースとしたシミュレーション技術の開発と地域の気候や自然の保有する環境ポテンシャル(緑地や風の道等)の評価を行い、ヒートアイランド現象の緩和や都市温暖化に対する適応、市街地の空気汚染や飛散、さらに雪国の雪氷災害防止等の研究に展開しています。
・学際的分野で建築以外に都市気候学や流体力学、風工学、雪工学等の学会で発表。国際会議で学生の発表が多いのも特徴です。


ライフサイクル工学研究室 研究室HP

西脇智哉准教授、五十嵐豪助教
ライフサイクル工学
ライフサイクル持続可能な社会に貢献するため、安全で長持ちし、愛着をもって使うことのできる建築を実現する新しい技術について、コンクリートを中心とした建築材料の視点から研究を行っています。
・金属のように伸び、曲げることのできる、しなやかなコンクリートを開発
・水に浮くほど軽く、断熱性能も兼ね備えたコンクリートの開発


リハビリテーション工学研究室 研究室HP

西脇智哉准教授(兼)、五十嵐豪助教(兼)
リハビリテーション工学
リハビリテーションどれだけ手間暇かけて作られた建築も、時間とともに劣化することは避けられません。例えば、発生したひび割れをコンクリート自らが塞ぐ「自己治癒コンクリート」の開発など、新しい発想による建築材料の可能性を追求しています。


性能制御システム学研究室 研究室HP

前田匡樹教授
性能制御システム学
地震などの災害に対して安全・安心で、地球環境にやさしい建築や都市を実現 するための
研究を行っています。
より高性能な鉄筋コンクリート構造、CLTを用いた都市の木造建築、海外のレ ン ガ造建物
など様々な建築を対象としています。
研究のフィールドは海外まで広がり、開発途上国の地震対策支援や米国や ニュージーランド
との交流も活発に行っています。


適応設計工学研究室 研究室HP

高橋典之准教授
適応設計工学
適応設計工学lab高度に発展した現代社会において,地震・津波などの巨大複合災害に対して,建 築物や社会資本に求められる性能を合理的に評価・表示する技術が求められてい ます。このような基本認識に立って以下のような研究を行っています。
・ユーザー指向型の次世代型耐震性能表示手法に関する研究
・耐震修復コスト最適化アセスメントに関する研究および技術開発
・耐震,耐津波性能評価における想定外事象対策に関する研究


構造安全システム学研究室 研究室HP

植松康教授、佐藤公亮助教
構造安全システム学
構造安全システム学研究室自然エネルギーの有効利用,良質な建築ストックの形成,災害に強いまちづくりを目指し,主として,強風災害低減技術の開発研究や大地震後も継続使用が可能な鉄骨構造の新しい構法の実用化研究などを行っている。


材料・構法創生学研究室 研究室HP

木村祥裕教授、古川幸助教
材料・構法創生学
材料・構法創生学研究室巨大地震に対して,住宅から高層オフィスビル,ドームや体育館などの鋼構造物が倒壊する可能性を実験・数値シミュレーションによって解明し,それを防ぐための設計法や新しい装置を研究・開発しています。


インセンティブ防災学研究室

大野晋准教授(兼)、三辻和弥客員教授

50_50

インセンティブ防災 図2東日本大震災における都市・建築の被害実態と多くの地震観測データに基づく地盤環境調和型の最適な地震対策の研究を進めています。実験・観測と理論・解析の対応を重視した研究、構造ヘルスモニタリング機能を有する次世代地震警報システム(EEW/SHMシステム)の開発を進めています。


リアルタイム地震防災学研究室 研究室HP

大野晋准教授
リアルタイム防災学
リアルタイム防災学研究室 研究室で展開した地域での強震観測網と,最新情報伝達技術に基づいて,地震動や建物被害の情報を用いた地震被害低減のための研究を進めています。主なテーマは (1)地震ハザード評価 (2)構造物への入力地震動評価 (3)地震動・被害分布の即時推定 (4)地震発生直後の被害低減。


防災性能評価学研究室 研究室HP

佐藤健教授
防災性能評価学研究室
佐藤lab Photo都市・建築学の知識を基盤に、文理融合型の防災研究にチャレンジしています。特に、地震災害に対する人や社会のリスクを事前に低減し、持続可能でレジリエンスの高い「防災まちづくり」と「ひとづくり」に貢献できる学際研究に取り組んでいます。
・防災教育/復興教育プログラムの開発と実践
・地震災害時の人的被害の要因分析
・コミュニティ防災力の高度化手法に関する研究
・学校の災害危機管理に関する研究


最適減災技術研究分野 研究室HP

五十子幸樹教授
最適減災技術研究分野
最適減災技術研究分野日本の大都市は、地震動の長周期成分を増幅する厚い堆積地盤上に造られています。そこには、超高層ビルや免震建物のような長周期建物が多く建設されており、長周期・長継続時間地震動により長周期建物が大きく変形することや、それに伴う動的不安定現象・変形集中現象の発生が懸念され、社会的関心事ともなっています。当分野では、構造最適化の技術や、振動制御装置の研究開発により、このような社会的課題の解決に取り組んでいます。