対話への誘い

ようこそ! 建築社会環境工学科のサイトへ! 対話をはじめましょう。

建築・社会環境工学科長東北大学工学部 建築・社会環境工学科長 李玉友

東北大学は、明治40年(1907年)の建学以来、「研究第一」、「門戸開放」の理念を掲げています。これを達成するため、世界最高水準の研究・教育を創造し、その成果を社会が直面する諸問題の解決に役立て、指導的人材を育成することにより、平和で公正な人類社会の実現に貢献することを目標としています。工学部では特に「実学」を尊重し、産学連携の推進により社会の発展と新たな知の創造を担う指導的人材の養成を実践しています。 このような理念を持つ東北大学の中で、建築・社会環境工学科が受け持つのは、豊かで文化的な生活空間を創造するために建築や社会環境を計画デザインし、それを実現するための学問領域です。このサイトでは、東北大学工学部の5つの学科のひとつである建築・社会環境工学科の「生」の情報を皆さんにわかり易く紹介しています。建築・社会環境工学科がどのような学科であるか、いろいろと調べてみて下さい!

「建築・社会環境工学科」は、建築物の設計やまちづくり、道路や橋などの社会基盤整備、水や空気の環境保全、暮らしの安心安全を守る防災などの最前線に立つ学科です。

建築・社会環境工学科の学生は、建築設計、都市計画、社会基盤整備、環境保全、防災等に関する現実の問題を抽出し、これらを整理しながら、様々な課題の現実的な解決方法を見出したり、その結果を評価・修正するプロセスについて学びます。高校までの授業で、数学や物理、化学といった科目を学んできた多くの皆さんにとって「建築学」や「社会環境工学」がどういう内容を取り扱う学問領域であるか、イメージしにくいかもしれません。しかし、私たちの暮らしを安全・安心なものとしたり、より美しく快適で豊かなものとする上で、建築・社会環境工学という学問分野が極めて重要であり、必須の分野であることだけは間違いありません。

「建築・社会環境工学科」は、都市計画、社会基盤整備、環境保全、防災等の最前線に立つ学科です

建築・社会環境工学科の学生は、都市計画、社会基盤整備、環境保全、防災等に関する現実の問題を抽出し、これらを整理しながら、様々な課題の現実的な解決方法を見出したり、その結果を評価・修正するプロセスについて学びます。高校までの授業で、数学や物理、化学といった科目を学んできた多くの皆さんにとって「建築学」や「社会環境工学」がどういう内容を取り扱う学問領域であるか、イメージしにくいかもしれません。しかし、私たちの暮らしを安全・安心なものとしたり、より豊かなものとする上で、建築・社会環境工学という学問分野が極めて重要であり、必須の分野であることだけは間違いありません。

「建築・社会環境工学科」の「生」の情報を伝えます

このサイトは、建築・社会環境工学科が独自に運営しているホームページです。建築・社会環境工学科のスタッフが自らアイデアを出しあいながら、学科が目指している目標やカリキュラム、在学生の学生生活、各研究室で展開している研究内容、将来の進路などについて丁寧に紹介しています。また、社会の多方面で活躍する多くの卒業生の活躍の一端をOB・OGの生の言葉として紹介しています。是非、このサイトを通じて建築・社会環境工学科の魅力に触れてみてください。